プロデューサー
LGBTQ+プロデューサー

渡部 恵理

WATANABE ERI

命の可能性をあきらめず
まだ見ぬ美しい世界を描く表現者

大学卒業後教師の道へ。入社2年後に新規校の立ち上げチームに抜擢。同校を退職後、世界一周の旅にて世界中の国際問題について学ぶ。時代を前進させる一人になることを決意。その時出会ったボブマーリーの孫から、利他という意味を持つ「eva」というニックネームをもらう。帰国後、創業間もないCRAZY WEDDINGと出会い自身の結婚式をプロデュース。「ONE LOVE」というコンセプトを掲げ、那須の草原で行った斬新な結婚式は、多くの人の関心を集め、CRAZY WEDDINGの代表事例となる。これをきっかけにほどなくして入社。プロデューサー、コンセプターとして300組以上の結婚式を担当し、人の本質に光を当て、言葉や空気を生み出すというブランドの礎を築く。その経験を元に、2019年新ブランドIWAI OMOTESANDOの立ち上げに参画、2019年9月に出産。現在は「Celebration for all」を掲げ、より人や地球に良い多様なお祝いを企画。LGBTQ+ウエディングのプロデューサーとしてさらに活躍の幅を広げている。

CAREER & AWARDS

  • 2009年学校法人 教員
  • 2014年CRAZY WEDDING プロデューサー
  • 2017年CRAZY WEDDING コンセプター
  • 2019年IWAI OMOTESANDO プロデューサー
  • 2019年LIFE STORY AWARD 優勝
  • 2019年出産

INTRODUCTION

彼女と出会って、5分話すだけで自然体になってしまう。好奇心と確信に満ち溢れた笑顔で、人の熱源を捉える姿は、地球上で唯一無二の存在。自分の主観は横に置いて、相手の心と対話する深いヒアリングで見えた理想像を、プロデューサーとして現実に表現してきた。彼女から紡がれる言葉は、繊細で力強い。その言葉を通して自分の存在そのものに心震えた人は、数えきれないほどいるだろう。地球を愛し、全ての命に光を照らす彼女は、母となり、さらに愛が増したように思う。お茶目でパワフル、でも繊細。大きな笑顔の彼女から生まれる表現が、さらに未来を温かくしていく。

Commented by

河原 莉子
  • 渡部 恵理のFacebookを見る
  • 渡部 恵理のTwitterを見る
  • 渡部 恵理のInstagramを見る
  • 渡部 恵理のnoteを見る

loading

CRAZY CRAZY WEDDING IWAI OMOTESANDO