ブランドプレゼンター

江幡 秋美

EBATA AKIMI

「普通」のない、
違いを愛する社会を
体現し続ける。

茨城県の山奥で育ち、高校1年次で外務省のプログラムに採択され初めて渡米。それまで何気なく持っていた「外国」のイメージと現実とのギャップに自身の世界の狭さを知る。社会の多様性を生む移民という存在に興味を持ち、大学では多文化主義、カナダ移民について専攻。1年間の留学で、「マイノリティ」として均一にカテゴライズされる自身のアイデンティティを考えるようになる。その中で、CRAZYに出会い、誰かのものさし無しに自他の存在を肯定する経験をする。すべての意志あるヒト・モノは何一つとして「同じ」ではないこと、違いがあるからこそ美しいこと、この世に普通という概念は存在しないこと。これらを自分の姿で、人生で体現し続けるため入社。自分、家族、大切な人と本気で向き合い、ありのままの存在を正解のない形で肯定する機会が結婚式だと捉え、現在はその概念を広めていく役割として営業を担当。LGBTQの方々と誓いの機会をつくる「Celebration for ALL」プロジェクトも行っている。

CAREER & AWARDS

  • 2012 年外務省 アジア大洋州地域及び
    北米地域との青少年交流
  • 2020年内閣府 青年国際交流事業
    Ship for World Youth
    「世界青年の船」日本代表青年
  • 2020年筑波大学 人文・文化学群 比較文化学類 卒業
  • 2020年株式会社CRAZY 入社

INTRODUCTION

彼女の見ている世界は広く、愛を見つけるのが得意。ふと人の優しさに触れると「愛ですね!」と愛嬌いっぱいの笑顔で返してくれる。新卒で入社した当時は同期もいない、たった一人のルーキーだった。だからこそ彼女は強い。どんな時でも年齢や立場に屈せず自分の想いを言葉にする姿は、時に周りを驚かせるほど。そんなあっきーの成長をみんなで感じているし、見守っている。時々悔しくてもがいて泣くこともある。あっきーは今、日々を生きる中で家族やパートナー、仲間との様々な愛の形を学んでいるように思う。将来はペルーに住みたいというあっきー。どんな世界を広げて未来を創るのか、私も楽しみにしている。

Commented by

木村 優佳
  • 江幡 秋美のFacebookを見る
  • 江幡 秋美のTwitterを見る
  • 江幡 秋美のInstagramアカウントはありません
  • 江幡 秋美のnoteアカウントはありません

loading

CRAZY CRAZY WEDDING IWAI OMOTESANDO BENE