IWAI OMOTESANDO
シェフ

佐藤 彰太

SATO SHOTA

好奇心、そして探究心
「本物」を理解し、追求する。

小学生の時に、友人の父親が作ってくれたおむすびの味に感動。そこから料理人なると決めた心は一度も揺るがず、専門学校卒業後、地元のホテルに入社。宴会・婚礼と幅広く経験を積む中で、フレンチに一生懸命になっている自分を見つける。知らない味を知れることや食材の組み合わせで新しい味を生み出せることが、未知の世界に入り込む冒険のような感覚で楽しく夢中になる。もっと学びたいと思い、勢いとともに21歳の時に上京する。その後、レストランで働くも結婚式場で働いていた時の感動を忘れられず転職を決意。悩み、葛藤する中でCRAZYと出会う。結婚式場の料理は大量生産だからできないと思い込んでいた様々な諦めから開放され、それをやってのける姿勢、まさにクレイジーなチームに共鳴し、参画を決意。結婚式場の料理の概念を変えてくれたこの場所から、多くの方に「美味しい」という幸せを届けていきたい。

CAREER & AWARDS

  • 株式会社会社ブライズ・ワード 入社
  • サン・ワード株式会社 入社
  • 株式会社ひらまつ 入社
  • 株式会社CRAZY 入社

INTRODUCTION

子どもの頃ひとつのおにぎりから始まった彼の料理人生は、ホテル・レストラン・ウエディングの経験を経て、IWAIでのシェフの右腕までやってきた。 彼は一言で言うと、「努力の天才」だ。シェフの次に現場をまとめる責任者でありながら、朝は誰よりも早く来て、夜は誰よりも遅く帰る。文字通り、努力の仕方がずば抜けて天才的。仕事効率や周囲とのコミュニケーション、食材に対する接し方、料理に対する熱意など日々の仕事にこれまでの努力がにじみ出ている。この積み重ねが、今の佐藤彰太という人間をつくっていると近くで感じている。身近な存在だからこそ、彼から学びたいことはまだまだある。

Commented by

小林 竜弥

loading

CRAZY CRAZY WEDDING IWAI OMOTESANDO BENE