CASE & INSPIRATION

未来へ受け継ぐ結婚式

結婚式という、家族の始まりの日に残るものといったらなんでしょう。
その時かけてもらった言葉、あなたの表情、空の色、記憶と物理的に残るのは主に写真。 2人の中に永遠にある、”それ”をいつかの未来へゆっくりと語り継ぐ。 物語の「はじまり」と「おわり」のない、日々少しずつ書き足されていく家族の物語を 紡いでいく結婚式を。

・「一生物のなにか。」「いつか娘にも引き継げるものを」 この日2人が着るのは、オーダーメイドのドレスとタキシード。 流行りのものでも、今好きなもの、でもなく プロと一からつくるあなたのための、あなただけの世界で一つの衣装。 今だけではなく、この先のいつかの家族へ”受け継いでいく”ためにつくる1着は この先どんなに時が流れても、大事にしていきたい理由になるはず。 この日から始まる「受け継ぎごと」を残してみませんか。

・このプロセスも、一生ものに。 友人の結婚式に出るときに着物を着たりすることがある人もいるかもしれませんが、 それはだいたい母が仕立ててくれた着物や、祖母の帯に、おばの帯留めとかを使う、そんな話もあります。 受け継いでいくもの、とは日本人の着物の文化から来ているのかもしれません。 ヨーロッパでも、アンティークなど歴史や時代を経て、手を加えながら大切に現代にまで残ったものには、 それだけの価値と確かな物語があります。 いいものを1回つくっておいて代々使う、この日から始まるそんな未来に想いを馳せた衣装を準備して つくる過程も、写真や生地と合わせてスクラップ! 出来上がりまでの過程ほど、愛おしいものはないと思うのです。

おまけ★当日のゲストへ引き出物は、この日来てくる衣装を。 当日参列する人には、事前にヒアリングをしてこの日着てくる衣装を事前にプレゼント。 中々、ギフトとして衣装をプレゼントされる経験も、ゲストはないと思います。 女性にはワンピースやスカーフを。男性にはシャツやシューズのギフトでも統一感が出ます。 みんなで敢えて同じカラーリングでも良し。カラフルにシーズンに合わせて柄物で合わせるも良し。 2人で楽しく、ゲストに思いを馳せて選ぶ時間も素敵だと思います。

RELATED USER VOICE

FAQ
CRAZY CRAZY WEDDING IWAI OMOTESANDO