【最終回】あなたの悩みはなんですか?

「もっと役に立てる方法はないか。」
そう考えた結果、コラムシリーズを最終回にすることにしました。

このパートナーシップコラムは、私たちCRAZYが掲げる「パートナーシップ」や「愛」といった、なんだがぼんやりしているけど切り離すことができないものを、もっと身近に感じてもらえればという想いでスタートしました。

 

コラムでは、私の実体験や気づきを軸に、パートナーシップや愛に関するトピックについてお届けしてきました。
たくさんの反応やメッセージをいただき、ちょっとみえづらい、私たちが大切にしているものが少しでも届いていることを実感して嬉しい気持ちでおります。本当にありがとうございます。

しかし、そんな矢先のふとした会話の中で、自分がお届けしているものの足りなさに気づくことになりました。

最近のつぶやき

私は思想と体験は両輪にあって、どちらか片方の車輪が大きすぎると、バランスが悪くなって上手く前に進めないと考えています。人間力とビジネス力においても同じ考えです。

自身の体験に準じたコラムは、私の思想はお伝えできても、読んでくださる皆さまの体験に即した思想のお伝えができないというのが難点でした。

そこで、より皆さまの体験に即した車輪になる思想がお伝えできれば、もっとお役に立つことができるのではないかと思い、「愛はみえる」シリーズを相談室形式にすることを決意しました。

 

こちらの連絡フォームにてみなさまの「ご相談・シェア」を募ります。
それにお応えする形で、記事を書きたいと思います。

 

どんなことでもかまいません。
悩みや質問だけでなく、気づいたことや考えていること、幸せを感じたことも大歓迎です。
嬉しいことは2倍に、辛いことは半分に、の発想です。

あなたにとってよりよく生きるために大切なことである限り、「こんなこと」なんてものは無いと思っているので、もうひとつの居場所くらいに思っていただけると嬉しいです。

「パートナーシップ」を心強い味方にしてほしい

有難いことに最近は、はじめましての方からご連絡をいただいて、お悩みを聴くことが増えました。その過程で、「パートナーシップ」や「愛」に関する悩みというのは、あらゆる悩みの中でも取り扱いの難易度が上がりやすいことを実感しています。

「パートナーシップ」や「愛」から受ける影響は、間違いなく大きい。
しかし、それは自分の価値観や信念などの「内的環境」と人間関係や所属コミュニティなどの「外的環境」が密接に関わることを、避けられない領域でもあります。その利害関係への不安から相談がしづらくなってしまうことは、簡単に想像がつきます。

「はじめましてで緊張するかと思っていたけど、不思議なくらい安心して話すことができました!」と言われることが多いのは、この利害関係がないからではないかと思っています。

CRAZY周年イベント
CRAZY周年イベントの集合写真
「パートナーシップ」や「愛」を大切に思う周囲の人たちに、私は支えられています。

確実にフラットに受け止めてもらえる安心感というのは、意外と得にくいものなのかもしれません。
この連絡フォームを、その安心感がある場所にできればと思っています。

「パートナーシップ」や「愛」というのは、人間として過ごしている限りいつも隣り合わせにあるものです。
だからこそ、それを味方につけてハッピーに過ごせる時間が、少しでも長くなっていけばいいなと私は願っています。

あなたの人生の「答え」は、あなたの中にある

一般的に「相談」というと、アドバイスや承認が得られるようなイメージがあるかもしれません。しかし私は、相談で得られる本当の効果は、「問い」ではないかと考えています。

一時的な慰めでも誤魔化しでもない、向き合えば自ずと前に進めるような「問い」。
それが何よりも自分を後押しする存在になってくれると思っています。

自分と向き合う時、私がよく行く場所は「水辺」です。
あなたにも、そういう場所はありますか?

大学の授業で、ひたすらカウンセリングのビデオを観ていた時期がありました。

カウンセラーもクライアントも違えば、相談内容も疾患も様々。しかし、どのビデオを観ていても、カウンセラーは何も解決してくれません。
カウンセラーは何かを解決してくれるのだと思っていた私にとって、対話を繰り返すもどかしい様は、衝撃に近いものでした。

手を替え品を替え、クライアントが「どうやって」「どのように」その事象や課題に向き合うかに、カウンセラーがアプローチしていく。クライアント自身が、自分と向き合って乗り越えていく。
その繰り返しです。

この時私は、自分を前に進められるのは結局のところ自分しかいないのだということを突きつけられました。
同時に、自ら足を進めるからこそ手に入れられる進化の存在を教えてもらった時間でもありました。

それらのビデオは疾患を抱えた方に対するものでしたが、これは疾患の有無に関わらないと思っています。むしろ元気な方が、自分で向き合わなくてもなんとなく解決した気になれてしまうかもしれません。だけど、それではあまりにも進歩がありません。

 

だから私は、この場所で「問い」が残るコミュニケーションをしていきたいと思っています。
少しの勇気を持って、自分と話をしてみようと思える機会をお届けできますと幸いです。

 

ご連絡はこちらから↓


ご感想・シェアはTwitterのDMにてお待ちしております

執筆・編集:池田瑞姫
バナー画像:東和香
バナー画像撮影:石積真理恵

vol.1『パートナーシップは世界は救う?!』
vol.2『CRAZY新卒3年目、自分の恋愛から学ぶ「愛のこと」』
vol.3『パートナーシップを更新するだけで、幸福度が上がる?!』
vol.4『私は、「人生の難易度を上げるために」結婚したい』
vol.5『お母さん、離れてくれてありがとう』
vol.6『プロポーズの返答に迷う、すべての人へ』
vol.7『どれだけ教えても、だれかを育てることはできない』
vol.8『愛する人との「永遠」を叶える方法』
vol.9『撮った写真をみると、好きな人が分かるって本当?』

CRAZY CRAZY WEDDING IWAI OMOTESANDO BENE