お悩み相談「親へ気持ちを伝えたいけれど、うまく伝わるか不安です。」

過去、お母様を傷つけてしまったと感じているいちさん。「改めて、自分の気持ちを伝えたいけれど、どういう伝え方をすれば『本当の気持ち』をうまく伝えられるのだろうか。」とご相談をくださいました。

※パートナーシップや愛に関する相談を募集しております。CRAZY MAGAZINE編集長の池田がお答えします。フォームからご応募ください。詳細はこちら

こんにちは。
瑞姫さんの愛がみたいのTwitterファンです。

私は母へ「二度と会わなくていいと思ってた」と言ってしまったことがあります。謝っても離れた言葉は消えなくて、ずっと心に残っているだろうと後悔してます。

 

結婚後に私のことを心配して、こんな選択肢もあると提案してくれたのだと今は理解できます。でもその時は、心に余裕がなく冷静に話せる状況になく、実家へ行かないという距離をとることしか出来ませんでした。
私たちのことは私たちが決めると伝えられたのは、冒頭の言葉を言った後です。

 

母から、二人の事に口出しするつもりはないこと、決めるのは私たち夫婦であること、ただ後悔ないように二人でよく話をした方が良いと思ってると言われました。今までだって、これにしなさいと決められたことはないのに。その時は、提案がそうしなさいと言われたようで辛かったです。

 

そんな気持ちも全て話して、以前のような関係に戻って1年以上が過ぎました。
この夏に出産し、我が子を見ながらあの時の私が酷いことを言ったと後悔の気持ちでいっぱいになることがあります。母に感謝しているし、大切だし、長生きして幸せであってほしいと思ってます。
誕生日や母の日、結婚記念日に手紙にてそのこと伝えています。

 

でも、改めて母にあの発言を後悔してること心から謝りたいことを言葉で伝えておきたいと思っています。

 

伝え方やタイミングはどんなときが伝わるのか、アドバイス頂けたらと思います。

(いちさん・30代最後の歳)
※文章を一部編集しております。

いちさん、ご相談ありがとうございます。

トゲのように刺さって消えない言葉、ありますよね。

気持ちをうまく伝えようと意気込んでも、肝心のところがうまく伝わっていないような気がしてなおさら不安になってしまうことは、私も日常の中で多々あります。

こういう時に私がまず考えるのは、「行動する勇気」です。

これが1番大切で、難しい。

だけど、いちさんにはもうこの「勇気」があります。これまでに折に触れて伝えてきた気持ちあります。

だからこそ、今回もきっと実現できるのだろうとご相談内容を拝見しながら考えていました。

そんな、大切で難しいことはすでにクリアしているいちさんへ、今回は3つのポイントをシェアできればと思います。

①練習をおすすめします

そんな基礎的なこと!?と思われるかもしれませんが、まずはひとり言のように、想像して、何度もひとりで練習してみるのがおすすめです。

完璧じゃなくていいです。
何となく、こんな感じかな?でいいです。

ポイントは、「何度も」やることです。ぜひ「何度も」やってみてください。

どれだけ練習してもたぶん、いや、ほぼ100%、当日は違う感じになります。笑
それで大丈夫です。
何度も繰り返していくうちに、「自分が言葉にして伝えたいこと」を自分がよく分かってきます。

だから本番は、練習した「言葉」ではなく、何度も繰り返し練習したことで身体の中に残っている、「伝えたいこと」だけ大切にしてください。

②自分がリラックスできる環境づくりを、おすすめします

自分が緊張していると、相手もなんだか緊張します。
自分が不安を感じていると、相手もなんだか不安になります。

「情動感染」というものをご存知でしょうか?

文字通り、感情の感染です。
これは、脳の中でも他人を真似ることに特化した神経細胞「ミラーニューロン」によって起こる現象です。
あくびが伝染ったり、笑顔が伝染ったりするのも、このミラーニューロンの働きです。

いちさんの感情も、きっとお母様に伝わります。

だからこそ、「こういう気持ちになってほしいな」を想像して、自分がその気持になりやすそうな場所や場面を選びましょう。

私は大切な電話を両親にする時、よくお散歩にでかけます。
声の雰囲気だけで伝わるものって、きっとありますよね。

馴染みのある自宅で、温かい飲み物と甘いものを楽しみながらでしょうか?
開放的な公園で、芝生に座ってゆっくりしながらでしょうか?

相手に贈りたい「気持ち」が、まずは自分自身の気持ちから始まると信じて、これがぴったりだな〜と思う場所・場面を妄想してみてください。

③さいごに、何よりも「気持ち」に自信を持ってください

私は、「本当の気持ち」は直感的に伝わると信じています。

同じ「ありがとう!」の一言も、心から感謝されている「ありがとう!」と形式上の「ありがとう!」は受けた瞬間の印象が違いますよね。

気持ちは、それだけでは目にみえないかもしれないけれど、言葉にするとみえてきます。
逆説的に言うと、どれだけ上手に話しても、気持ちがみえない言葉は伝わりません。

だから、大丈夫です。

いちさんには、こんなにもお母様を想って愛する気持ちがあります。

ゆっくり、丁寧に、落ち着いて、言葉にすれば、その気持ちは、しっかりとみえてくるはず。

ちゃんと伝わるか不安になったら、「私には、本当の気持ちがあるから大丈夫。」と深呼吸してみてください。

素敵な時間になりますよう、私も陰ながら応援しています。


パートナーシップや愛に関するご相談を募集しております。CRAZY MAGAZINE編集長の池田がお答えします。詳細はこちら

ご感想・シェアはTwitterのDMにてお待ちしております!

執筆・編集:池田瑞姫

CRAZY CRAZY WEDDING IWAI OMOTESANDO BENE