CASE

今を大切に祝う、ふたりだけの結婚式

亀倉禎朗さん・伊藤禪さん    

挙式日:2020.8.30

-IWAIでの結婚式開催を決めた理由は何ですか?

禎朗さん:
IWAIの考え方に共感しました。特に「ゲストを中心に」というコンセプトはまさに自分達にぴったりでした。普段から目立つタイプではないのもあって、自分達を披露するよりは、ゲストが楽しめるような式になったらいいと思っていたので。とにかくお世話になった方のためにもなりそうだと思いました。

禪さん:
実は、もともと式もやらなくてもいいかもと思っていたんです。ですが、新郎が「両親に見せれるのも今しかないし、見てもらおうよ」と言ってくれ、結婚式を開催することになりました。
私も新郎と同じようにコンセプトに共感したこともあり、IWAIなら!と思い、IWAIでの結婚式を決めました。

見学当日に会場を見学できたこともよかったです。
担当の方に聞いた建物と空間、そしてサービスの設計が、ただコンセプトを掲げているだけではなく、本当に体現しようとされてらっしゃるんだなということを、感じることもできました。

建物の派手じゃない感じも良かったです。
特にセレブレーションホール(挙式会場)はかなりシンプルでしたが、見た目を重視するのではなく、2人の人生を表現するためにシンプルにされたんだなということが分かりました。新型コロナウイルスの影響もあり2人挙式になったので、使用できなかったですが向かい合う席もコンセプトに合っていて、とてもお気に入りでした。

-準備期間も含め、結婚式を通してどんなことを感じましたか?

禎朗さん:
新型コロナウイルスの影響もあり、結果的に予定していたカタチではできなかったですが、その中で、共に最善を考え抜いてくださったことは本当に感謝しています。
動画での挙式配信の提案や、両親とzoomを繋げての会話、事前に家族への手紙の送付。出来る中でベストなカタチだったと思います。
延期も検討しましたが、どんな時も僕らのことを受け入れてくれていた姿勢には、IWAIのコンセプトを感じました。

また、挙式の手紙も残るからいいなあと思いました。ただ「誓います」と言い合うだけではなくて、その時の気持ちが手紙として残るのは嬉しく思いました。

禪さん:
予定していた通りに実施出来ず、残念な気持ちがありながら、こういう機会じゃなかったら2人でやることもなかったのではないかなと思うと良かったなと感じています。
挙式の延期の選択もありましたが、夫婦としてのスタートとなる区切りをつけることができて良かったです。動画を配信したことで両親も喜んでくれました。
大きな思い出をこのタイミングで作ることができて本当によかったです。

また、人生ヒアリングを通して、自分と両親、それからゲストや新郎に対しても、それぞれの関係性を考える時間になりました。とても良い時間でした。
来年行うIWAIでのパーティーでは、直接言葉で感謝を伝えたいです。

-結婚式当日、印象に残ったことはどんなことですか?

禎朗さん:
彼女が両親からの手紙を読んで泣いているところが、とても印象的でした。
もちろんご挨拶等で何度か顔を合わせてはいるものの、育ったその時は知らないし、家族にしか分からない関係ってあると思います。その一面を見れたような感覚でした。
新婦と親御様の繋がりを間接的ではありますが、肌で感じた時間でした。

禪さん:
彼とファーストミートをする時、立っている後ろ姿が忘れられません。なんだかちょっと他人みたいな(笑)。
結婚する、夫となる人に一歩ずつ近づいていくことで、「今日は結婚式なんだ」とやっと実感が湧くのと同時に、あらためて夫婦になることを感じた瞬間でした。

また、スタッフのみなさんのプロフェッショナルな姿は忘れられません。
新型コロナウイルスの影響で2人挙式になってしまったこともあり、挙式の最後にIWAIの皆さんがサプライズで登場してくださったことや挙式の後の撮影ではメイクさんやカメラマンさんが細かくサポートしてくださったことがとても嬉しかったです。
スタッフのみなさんがIWAI好きであることがとても伝わってきましたし、お祝いをしていただけているなと感じました。

-担当プロデューサーのひとこと振り返り

実はふたりだけの式をIWAIで行うのは、禎朗さんと禪さんが初めてでした。コロナの影響がある中で、もちろんおふたりだけでという選択肢は私の中にありましたが、それ自体を選んでいただけるか?ということに、自信はありませんでした。ふたりでやると決められた後、「なぜ二人だけでもやろうと思いましたか?」と何度も何度も聞かせてもらった記憶があります。それに対し「今、節目を作りたい」と伝えてくださったこと、そしてその思いに1ミリのブレもなく、共に当日を迎えさせていただいたことに感謝しかありません。

結果として、友人やご家族を招いて1年後にパーティを開催することができ、はからずもおふたりと長いお付き合いになったことを、今となってはとても嬉しく思っております。

(担当プロデューサー 大谷

CRAZY CRAZY WEDDING IWAI OMOTESANDO BENE