SOCIAL ACTIVITY

CRAZY WEDDINGの信念とアクション

アクション1:同性婚を社会通念にする

LGBTQと呼ばれるヘテロセクシュアル以外の方々は今の日本の法律では婚姻届を受理されることがありません。 その理由は「同性婚が社会通念ではないから」。それならば、どんなパートナー同士でも結婚式をあげることが増えていけば社会通念になっていくのではないか? そう考え、私たちは同性同士の結婚が認められるまで、セレモニーを無償で提供し続けます。

Prev
Next

アクション2:GOOD PARTNERS’S CONFERERNCE


「パートナーシップ」言葉は聞き慣れているかもしれませんが、あまり普段の生活で夫婦関係の悩みなどパートナーシップに関して話すことはないかもしれません。そこで私たちは11月22日(いいふうふの日)にパートナーシップについて考える日を開催しています。毎年切り口を変えながら、パートナーシップについて考え、大切にする人が一人でも多く増えていくために活動していきます。

Prev
Next

PASTアクション:結婚式に自由を

2018年11月22日。私たちはしきたりや会場に縛られたルールの多い「結婚式」というものに対しての疑問を社会に対してぶつけました。それは自分自身を否定することでもあったかもしれません。しかし、これによって、結婚式に対する世の中のペイン(痛み、嘆き)が顕になりました。この時にいただいた多くの声を元に、これからも結婚式の可能性を解放していきます。

Prev
Next
CRAZY CRAZY WEDDING IWAI OMOTESANDO BENE