Work System

この経営が世界を変える

ビジョンを達成するには、優秀な個々人に加えて、システムと環境が不可欠。
新しい働き方を実現する“会社”の可能性を探求します。

LUNCH制度

生涯パフォーマンスを考えた
質の高い食事

人生の基盤である健康を維持するために自然食を毎日提供しています。これは余裕があるから存在している制度ではなく、創業当初の財務的に苦しい時代から質の高い食事に投資をし、かつ自分たちで料理をつくっていました。このように、私たちがこだわって食事を提供し続ける目的は、幸せに生きるために必要な手段だと考えているからです。経営の優先順位の1番に“健康”を定めている事が分かりやすい制度です。

GREAT JOURNEY制度

人生単位の働き方

もしあなたが生きることと働くことを分けない生き方をするのであれば、人生の中で自己探求の旅や成長のための学習機会、家族との時間が必要なことがあるでしょう。GREAT JOURNEYとは、CRAZYに所属しながら、その時の自分に必要な長期休暇が取得できる制度です。働くことも、休むことも、自分の意志で決めるというCRAZYの考えを、この制度が体現しています。また、制度を利用することで、たくさんのメンバーが世界中を旅しています。旅の目的をしっかりと伝えてから出発するのが、CRAZYの文化です。

SEASON CAMP制度

人間関係を構築する時間

私たちは、経営の優先順位の2番目に「人間関係」を置いています。家族や仲間との関係は、人生において大きな影響を与える。だからこそ、人間関係が良好になるためなら時間とお金を惜しまない、という経営判断を取っています。この判断を体現しているのが、CRAZY創業時から行っているSEASON CAMP(合宿)です。3カ月に一度は2泊3日の研修をしており、経営理念を体感できる体験や、チーム目標の設定、リフレッシュの時間などその時のタイミングで必要な内容になっています。

LIFE PRESENTATION制度

全社員がプレゼンテーション

私たちCRAZYは、出入り(入退社)が自由なプラットホームのような場所を目指してきました。大切なのは、「働くとは何か、生きるとは何か」を自己に問い、その時に共に生きることがベストであれば参画し、そうでなければ別の道を歩むということ。それを文化として体現しているのが、入社時に行うLIFE PRESENTATIONという制度です。「自分はどんな人間で、なぜこの場所にいるのか」を全社員に表現する時間を取っています。採用においても、上辺のスキルや実績だけではなく、一人の人間としてその人のことを考えるという文化が生きています。

WORK WITH CHILDREN制度

全てを諦めない生き方を

仕方がない、今は子どもが生まれたばかりだし、我慢すべきだ。そんな常識、誰が決めたのだろう。「この子のために」とやりたいことを諦めるのではなく、子どもも自分も家族も含め大切なものを大切にする。そんな人生を共に模索していけるよう、CRAZYには柔軟なサポート体制があります。例えば、子どもと一緒に出勤できる託児制度があったり、専属のベビーシッターがいたり、子育てのフェーズに合わせて週に数日のみ出勤をしている社員もいます。どうしたら理想が実現できるだろうということを、人生のステージと共に追求できる組織であり続けます。2018年には、日本における「働きがいのある会社」女性ランキングで3位(※)に選出されました。
※2018年版日本における「働きがいのある会社」ランキング のベストカンパニー135社から、特に女性の働きがいが優れている企業の小規模部門(従業員25-99名)の企業カテゴリーにおいての順位

関連記事:70名のベンチャー企業が育児しながら働ける環境を持つ、たった1つの大きな理由