Work Style

人間成長と能力成長を
最大化させる場の設計

人生観の移行が求められる時代の新しいワークスタイルは、
クオリティ・オブ・ライフから考えた、生きると働くを分断しない働き方。

the IDEAL

理想からすべてを始める

CRAZYの根底には、「理想からすべてを始める」という文化が存在しています。創業時、会社という枠組み自体を、今までの経済活動の延長線上ではなく、全く新しい概念で捉え直したところからはじまった私たち。今でも、日々の小さなことから、個々の生き方、ビジネスモデルまで、理想とは何かを問うことを基盤にしながら、ユニークな事業やライフスタイルを生み出しています。人は人には屈さないが、理想には屈するのです。だからこそ、私たちは理想を求める仲間たちと、できるできないではなく理想からすべてを始め、世界を変えるのです。

Third Answer

矛盾には「第三の解」を

今までの企業活動においては、経済成長の中で特に生産性が重要視されてきました。しかし、その中で、私たちは経済合理の追求が人々の幸せに、必ずしも直結しないことも学んできています。私たちのユニークさは、時代が失ってきた人間性とそれに付随する幸せを、ビジネスの中心に取り入れているという点にあるのではないでしょうか。理想に二律背反しそうなものを掲げれば、矛盾が必ず起こります。「人間性優位」とは、私たちがよく口にすることですが、「一人の人間として」という観点が今の時代の、事業創出・組織作りのイノベーションの源泉だと私たちは信じています。もちろん、人間性だけでなく、生産性にも秀でている必要があります。

Share

感情は経営資源

会社では感情や本音を出してはいけないのでしょうか。私たちはそうではないと考えています。創業当初からシェアという仕組みを取り入れ、個々人の意思を場に表現し、共有することを重要視してきました。ポジティブな感情も、ネガティブな感情も出し合い、場を共に創造していく。言葉を発することを大事にするのではなく、その場にいることを共に体験していく。「CRAZYは場から始まった」そう言っても過言ではないほど、個々人の感情を経営資源として、創業から時が経った今でも、強いつながりをもった組織の土台を創り続けています。

Feedback

厳しいフィードバックが生み出す価値

CRAZYには、ビジネスだけではなく人間性も含め、相手にフィードバックをするカルチャーがあります。気になることは、その場で伝え、その場で解決します。偉大な未来を目指すためには、組織も個人も最短最速でスケールをしていく必要があります。そのテコとして、率直なフィードバックという文化は、生産性の向上や良好な人間関係を育むために存在しているのです。また、人が、自分の癖やパターンを自己認知するというプロセスには、一人では限界があります。場や人が作用して個々人が自分を変化させることができることは、私たちが集うことの大きな価値の一つではないでしょうか。

Office

境界線が曖昧なオフィス

2015年12月に10日間会社を休業し、全社員でオフィスをリノベーションをしました。かつての日本企業では、生産性を向上させるために業務や個人スペースを分断させるなど、集中させるオフィスを作っていました。私たちは、オフィスという概念に囚われずに、自分たちで働きたい場所をつくることを決めました。コンセプトは「境界線が曖昧なオフィス」。メンバーにとっての会社と個人や、仕事とプライベートといった境界線を曖昧にすることが狙いでした。自分が手も時間もかけた愛着のあるオフィスをつくることで、「自分ごと」感が強まり、仕事も主体的になり生産性も上がるのではないかと考えたのです。

VARIOUS WORKING STYLES

働く人の数だけ、働き方もある

CRAZYの根底にある考え方の一つに「自分に近い範囲から幸せにしていく」というものがあります。まず自分、そして家族、会社、社会へと、幸せを広げていく。だからこそ、一人ひとりのライフスタイルに合わせて、柔軟な働き方を認めています。例えば、海外リモートワークや、大学院との兼業、介護との両立を目指して働く時間に制限をつけたり、週に何日かは自宅勤務をしている社員もいます。制度に人が合わせるのではなく、その人がベストなパフォーマンスを発揮するために、人に合わせた制度を自分で生み出せるのがCRAZYの働き方です。

関連記事:年収日本一企業を退職し、「生きる」と「働く」を分けない働き方で取り戻した、人生の手綱