「この時期を未来の糧に」 いま、イベントを開催したことで気付かされたこと。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により緊急事態宣言が出てから2週間あまりが経ちました。リモートワークに切り替わり、外出ができないことで生活が変わった方も多いかと思います。さらにこの事態によって、様々なところで大切な人との関係性にも変化が起きています。

24時間一緒に過ごすことが難しく離婚を選択するふうふ、会えないことでコミュニケーションにズレが生まれた仕事仲間、会いたくても会うことができない家族など、心苦しい話を聞くこともあります。

この現状の中で、結婚式で人と人の関係性について扱ってきた私たちのやるべきことをしようと、あるイベントを企画することにしました。この企画を作った過程と、そこで気付かされたことを記事にできればと思います。

– 新しいチャレンジに戸惑いながら進めたイベント

改めまして、本企画のプロジェクトマネージャーを勤めました、佐藤史紹と申します。個人的な感想も踏まえて、裏側の想いをお届けします。

イベント名は GOOD PARTNER CONFERENCE

昨年の11月22日に、ふうふの関係性について考えるイベントとして開催したものを、現状に合わせた形でリメイクしました。イベントだけではなく、当日の10日前から「#私たちだけのパートナールール」というハッシュタグを用いて、生活の楽しみ方、そして大切な人との関わり方のアイディアを募集しました。

「この時期にこれで救われる人はいるのか?」

企画を作っていたメンバーと共に何度も考えましたが、SNSのタイムライン上に温かい投稿が増え、一人でも不安に過ごす方の心を癒やせればという気持ちで実施することを決めました。

幸い多くの方に共感いただき、様々なアイディアが投稿されました。一部をご紹介いたします。

[Y.Mさん]
旦那の職場は寝室。私の職場はダイニング。ランチは2人でリビング。しごとはバラバラだけど、ちゃんと一緒にご飯を食べるのが大事。だって、一緒に暮らしてるんだもの。

[R.Eさん]
朝と夜のご飯からの時間は子供中心に過ごす。その間は、お仕事タイム。子供も家にいることが多くなり夫婦だけでなく子供とも必要になるパートナールール。子供なりに工夫して家でピクニックして待ってたりする愛らしく、ユニーク♡

[M.Kさん]
約1ヶ月半、在宅勤務中の私たち。仕事も関係性もゆるまないように、どこへ行く予定がなくてもお気に入りの服に毎朝着替える☺︎

[A.Tさん]
週間夫婦共にリモートワークになってはじめたこと!*朝のお散歩*お昼は交代で作る*お部屋は別々にお仕事。意識していること*いつもよりお話を聞く*Happy担当の意識を高めるw

ふうふやカップルに限らず家族と新しく始めた習慣など、様々な工夫をしながら、楽しく生きようとする姿に、私たちも元気をもらいました。

そしてイベント当日は、そのアイディアを踏まえた集大成として、他拠点ライブ配信型のイベントを行いました。そのような形での開催は初めてで、配信の設定などはゼロから考えて行いましたが、なんとか当日に間に合うよう準備を進めました。登壇者の皆様にはリハーサルにもご協力いただき、大きな問題なく開催に至りました。

– 登壇者のキャラクターが色濃く出た二種類のセッション

当日の内容を簡単にまとめさせていただきます。配信を見逃された方にはアーカイブからご覧いただければと思います。

■Session1 「暮らしながら働く」新しい生き方のヒントを探そう

※Session1 登壇者の皆様
・株式会社Morning Labo代表取締役 中村朝紗子さん
・株式会社Crimson Education Japan 代表取締役 松田悠介さん
・NEXTWEEKEND代表 村上萌さん
・株式会社CRAZY 執行役員IWAI General Manager 吉田勇佑(ファシリテーター)

Session1のテーマは、パートナーと過ごしながら、ご自身で経営をされている皆様に登壇いただき、「暮らし」と「働く」をどのように両立させているのかを伺いました。登壇者からいただいた印象的な言葉をいくつかご紹介します。

「その時その時でパートナーとのフォーメーションを更新していく」

「今は新しい事業や取り組みの爆誕期」

「本当の欲求が見つけやすいタイミング」

「家事を朝まとめたり、空間を分けてどちらにも集中する」

「正論でも相手が悲しむならば、私たちの正解ではない」

など、この危機に嘆くことなく、逆にチャンスと捉え、パートナーとの関係にも仕事にも以前よりも良くしようと、アクセルを踏む姿勢が共通していたように思います

どちらか一方ではなく、「暮らし」と「働く」両輪も噛み合っているからこそのエネルギッシュな発言に、元気をもらった視聴者も多かったのではないでしょうか。

■Session2「お家だから楽しい!」毎日を楽しくするちょっとのコツをみつけよう

※Session2登壇者の皆様
・インターネット広告会社勤務 / アカウントディレクター
 ルイズキッチン主宰 前田塁さ
・株式会社スマイルズ クリエイティブ本部 広報
 スープストックトーキョー広報 吉本百江さん
・Transform Catalyst
 株式会社CRAZY BrandEditorialPartner 阿座上陽平(ファシリテーター)

Session2では外出ができない生活の中で、どのように毎日を楽しくするか?ということをテーマに、暮らしのヒントや、男性にもおすすめな料理本など、明日から活かせるアイディア盛りだくさんの時間となりました。

ルイズキッチンというインスタグラムのお料理アカウントを運営する前田さんが配信中にオススメしてくださったレシピは、ナポリタン焼きそば。あまりの本格的なメニューと、洗礼されたお皿のチョイスなど、投稿された写真に驚いた方も多いのではないでしょうか。

一方、スープストックトーキョーで広報をされる吉本さん。今回の事態で、ご家庭での料理が負担になりつつある方に向けて、スープストックのレシピ本を無料公開するなどの取り組みをされています。(詳細はこちらのnoteにて)

他にも、疲れを癒すためにご自身で作られたプレイリスト集を共有してくださいました。(実は過去にDJ MOMOPIYAとして活動なされていたとか・・・笑)

※吉本さんのプレイリスト:静かな夜の寝息、3月のご自愛ソング

お二人に共通するのは底抜けの明るさ。自宅で一人で過ごしながらも、友人に料理を提供する機会を設けたり、音楽や植物などで生活環境を整えたりと、まるで今の状況を楽しんでいるかのように、軽やかに生活されていたのが印象的でした。

– この時期を、未来の糧にするという考え方

不安定な時期に、2時間と長丁場なイベントでしたが、多くの方から嬉しい感想をいただけたことで、実施してよかったのだと胸を撫で下ろしました。

イベントを通して学ばさせていただいたことは、目の前の不自由さを解決しようという考え方ではなく、今この時を未来の糧にするという前向きな姿勢が生活やパートナーシップをより良くするヒントなのではないかということです。

CRAZYでは、今回の学びを心に刻みながら、これからもさまざな方法で、大切な人とのパートナーシップに関する取り組みを行いたいと考えています。

改めて、企画に協力してくださった皆様と、ご視聴してくださった皆様に感謝をお伝えいたします。ありがとうございました。配信を見逃された方はこちらからご覧いただけます。

writer:佐藤史紹

CRAZY