12/26(金) DAY10…

10日目のStay Hungry , Stay Foolish point=====================

Hungry point(ハングリーだった点):趙さんが倒れ、急遽説明会の設計をすることに・・・!

Foolish point (自分を覆した点):説明会後すぐに分析を行い、次の反省点を洗い出す

=================================================

 

10日目…

チャンスは突然やってきた・・・

私がここに来て2日目で見学をさせてもらい、おこがましくも

いろんな想いを伝えさせてもらった新卒説明会。

 

今日がそのリベンジの日だと燃えていた趙さんと中村さんだったが、、

朝、趙さんが熱で倒れたとの連絡が!

 

まさかの急遽アドリブでの対応となった。

急いで、前回の改善案も踏まえてコンテンツを組み立て、

そして中村さんは電話で応援を呼んだ。。

採用でタッグを組んでいるアイ・パッションの鈴木さんだ。

 

鈴木さんもお休みのところピンチヒッターに駆けつけてくれて

なんとウインローダーの説明会なのに、3名中2名が別会社という

異例中の異例、多面的に会社を見ることが出来る説明会となりました。

(プラス思考!)

 

鈴木さんと私は外部の、ウインローダーと一緒に仕事をするパートナーの目線で

会社のことや、一緒に働いていて感じる雰囲気をプレゼンすることに。

 

会は中村さんの人間タイマーかと思うほど正確なタイムキープ力により

順調に進み、ファンになってもらうという目標も無事達成。

(本当の目標は”採用”ですが・・)

 

ただ、会の終了後にアンケートを元に学生満足度の分析を行ったところ、

前回、前々回との比較の中で満足度が低いことがわかりました。

 

アンケートの感想等を覽ても、会ごとに特徴が出ており

やっぱり学生が興味を持って、面白いと思ってくれているのは

ウインローダー名物、採用チームコンビの趙さんと中村さんの他己紹介でした(笑)。

 

こればっかりは、設計うんぬんの話ではないこと。

ウインローダーにとって採用チームの二人は

とても大きな存在だということを裏付ける結果でした。

 

業界的に堅いイメージの強い世界だからこそ、

活気のある二人が楽しそうに、学生に歩み寄るかたちでいることや

何より二人が人間らしく心を動かしている姿に

学生も同様に心を動かされているのだと思います。

 

でもこれからは、二人だけでなくウインローダー社員全員が

学生の前に出て、すごいところを魅せてほしいと

社員のエネルギーの高さを知っているからこそ感じました。

本当に、人間らしくて面白い人達ばかりだから。

ありのまま、ってこういうことだなってこの会社にいて、思いました。

 

最後に。

即席で結成された説明会運営チームは最強最高でした♡

中村さん、鈴木さん、本当に素敵で大好きな二人です。

 

おわり。

説明会2

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加