12/25(木) DAY9…

9日目のStay Hungry , Stay Foolish point=====================

Hungry point(ハングリーだった点):社長にもう一度同行させてもらいたい熱を伝え、社長づきになる

Foolish point (自分を覆した点):ー

=================================================

 

9日目…

社長文章作成、定例2本、打ち合わせ2本・・・

 

実は最近職場に慣れて来ている自分に気づいた。

採用チームで活動することはすごく楽しいし、居心地がいい。

でもこれって本当に成長に繋がっているのか、

自分以上のものに挑んでいるのか。

もちろん挑んではいるが、緊張するような瞬間が今の自分には必要だと思った。

 

そう思ったときに、後先考えず社長にメールした。

「もう一度同行させていただきませんか。」

 

よーく考えてしまったら、怖くてできなかったかもしれない。

自分はそこに見合う人間だろうか

(これはどんなシゴトを取りに行く時にもまっさきに考えてしまう癖がある)、

どんなバリューを出せるのか。。

 

でもそんな時に頭の中に浮かんだのは「ええい!」っていう勢いと(笑)

okもらってから考えよう!という軽い気持ちだった(いい意味で)。

 

そんなこんながあり、見事社長同行させていただけることになりました。

エコランド事業の経営会議に出席したり、新規になるお客様のところに同行したり、

今年の御礼と来年のトラックドライバー甲子園のスポンサーをお願いしに行ったり。。

 

社長が何を考え、どう話しているのかがとても気になり移動中にたくさん聞きいた。

「え、そんなことを頼んでいたの?!」と思うような凄いことを

信頼のうえに、軽く、大胆にお願いするのが社長という人なのだと知った。

 

社長は私が昨夜メールしたことについて褒めてくれた。

「言わなきゃ何をしたいのか分からない。だからああやって言ってくれるのは良かったね。」

人生はなんでもそうだ、とも言っていた。

相手には言わなきゃ伝わらない、紆余曲折、遠回りに言って

伝わらない!と悩んでいるよりちゃんと伝えたほうがもっと上手くいく。

うん、まったくその通りだ。

 

最後に社長の新卒のときの話を聞いた。

他の同期が証券でノルマの500万円の案件をとっている中、

一人、1億超えの売上を出していたとかいないとか・・・・(さ、さすが!)。

そのときの話は決してぶっとんでいる何かをしていたのではなく、

自分が大切だと思う信念に従って出会う人達に尽くしていたというもので。

 

社長の顧客への心の向け方や、パートナーさんとの付き合い方は本当に勉強になります。

 

社長、ワガママを聞いてくださり、有難うございました!

S__4014168

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加