インターン後半、12/25

今回は山田さんと大阪日帰り出張。

 

行きの新幹線では綺麗な富士山が見えた瞬間心が躍った。

S__4112463

私もしっかり日本人だなぁ。と感じた。

昔から身近に感じている「和」を見たときに嬉しくなるからだ。

 

 

私は普段、日本人だから。といって行動をあまりしない方だ。

けれど今回のインターンで、日本の伝統についてたくさんの話を

聞く事ができた。

それはとても良い時間で、新しいものを貰ったというより

昔からあるものを想い出す事が出来た。という感覚だった。

 

2015年から始まる新しいプロジェクトについて

様々な分野の人が集まって話し合ったブレスト会議に参加させて頂いた

約3時間以上、一つのある日本の伝統について話し合った。

 

その時でたお話、深くは話せないのでチラッと

(分かりづらくてすみません)

・海外からのイメージをどこまでブランディングするか。

歌舞伎と同じレベルまで引き上げたい。

・マイナスワンセンス(感覚を減らす)を創り出す、

視覚をなくした空間で強く感じるものは匂いと音。

・一つの物語を創り、日本の古くからある慣習を織り交ぜる。

・相手に委ねる、メッセージ性の高いものにしたい。

などなど。

 

日本では当たり前にある日常風景を、純粋に海外に伝える為に

様々な手法を使い考えている。その手法も新しい最新のやり方ばかり。

 

凄く大変で大掛かりなものばかりだけれど、

どうしてもねじ曲がって伝わりがちな日本文化を

純粋に伝えるというのはこういう事なのだと思う。

 

日本を誇りに思うからこそ動く事が出来るこのプロジェクトに

ただ素直に感動した。

 

このインターンがなければ気付く事が出来なかった

当たり前に感じていた “日本” を深く知る事が出来て嬉しい。

そんな気持ちを富士山を見て想う。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加