クリスマスイブとクリスマスは六本木ヒルズの
ヒルズカフェでBMWの新車発表会イベント
S__8519709

栗山さんは 打ち込み作業(照明のプログラミング)があるため
今日は 朝倉くんと2人で仕込み作業に向かう。

 

職人気質な照明さんたちの中でも
新卒の朝倉君はクールな見た目とは裏腹に
心はとってもピュアで暖かい。
S__8519706
いつも写真には 笑顔で応じてくれるし
周りの人に対する気遣いも見習うところがたくさんある。

 

車の中でたわいもない話をたくさんする。

なんで若いのにいつも髪の毛がボサボサなのか?と
ずっと気になっていた質問をしたり

私が照明の仕事でつらいと感じたことは
真っ暗な本番中に目をつむってしまいそうになる事とか。

朝倉君が入社したきっかけは
大学の文化祭の照明をアットマークジャパンがやっていて感動し
その場で栗山さんに声をかけたとか。

大切な人や家族の事もいろいろ話をした。

今まで10日間 同じ時間を過ごしていたけれど

 

私が人と心の距離を縮めるのは

仕事を通してではなくて
心がリラックスした状態で たわいもないおしゃべりを
笑いながらしている時だなと感じる。

 

特に 最近の私は仕事モードだと
キチンとした受け答えをしなきゃと変に力が入ってしまって
本来の自分を出す事ができなかったりする。

 

CRAZYにいる私がまさにその状態で
中身のある話をしなきゃ
順序立てて物事を話さなきゃと
テクニック的な事ばかりに気がいってしまい
ロボットの様な話し方になってしまったり
自分本来の言葉ではないゆえに 言葉がすごく薄っぺらくなってしまい
自分でもいやになる事が毎日の様にある。

 

私がCRAZYに入社して ずっと心に刺さっている ある言葉。

「恋愛話とか意味のない会話に全く興味がない。
私は意味のある話がしたい」と

 

たまたまその言葉を聞いただけだったけど
私は今まで深い話をほとんどしてこなかったのではと
とてもショックだった。

 

正直 CRAZYに入社するまで 自分と真剣に向き合った事もなかったし
将来についても深く考えた事がなかった。

そんな空っぽな自分に気がつき
最近は 2人きりで話す事さえも
時間を無駄にさせてしまっているのではと怖くなってしまっていた。

 

でも インターンを通して
久しぶりに外の世界の人たちと関わりを持ち感じた事は

 

みんなオンリーワンのプロフェッショナルな能力を持っているけれど
すごく無口でコミニュケーションがスムーズにとれない人だったり
理解できない様な変な趣味を持っていたり
言ってる事が全然わからないけど
身振り手振りで情熱がすごく伝わる人だったりと

 

驚くほど変だけど個性的で それがすごく楽しいという事。

 

 

インターンのお願いの挨拶に行く時に
会話の内容が薄いという悩みを学ちゃんに打ち明けると

うん薄いね。(さすがCRAZY 率直な意見!!!笑)
でも天真爛漫な感じのままがいいと思う!
なおちゃんらしいよ!って学ちゃんがいってくれた。

 

 

このインターン中も何度この言葉に救われただろう。

もう無理矢理 自分の言葉ではない言葉を使うのもやめる。
自分の言葉として違和感がなくなったら 使う事にする。

 

かっこつけるのは私らしくない
きっと どろんこになりながら つまづきながらも
ゆっくりと笑いながら前進するのが 私らしい事に気がついた。

 

 

CRAZYから離れて いろんな人と自然体でふれあい
改めて当たり前のことに気がつけた。

S__8519704

S__8519705

 

Merry Christmas★

このエントリーをはてなブックマークに追加