THE LAST DAY…

いつもつけている
見出し両脇のハートが付けられないくらい
最終日は、すごく嫌だった。

今日で、インターンが終わっちゃう。
穏やかだった時間が消えてしまう。

色んな所に飛び出したり、自然を感じたり
自分を振り返ったり、人と向き合ったり、
今までのことが走馬灯のようによみがえる。

涙が出てきて、ため息が出て、、、
しょんぼりしながら今日の準備をする。

今日は、マガリさんが演奏する
クリスタルボールという楽器の
コンサートの運営サポート。

楽器の準備やらで、夕方の集合になっている。
集合場所にものすごい大荷物で現れたマガリさん。

スタジオ入りした後、続々とお客さんが入ってきた。
お客さんはヨガの先生が多く、
それこそブレインデトックス(脳を情報処理から、
自分を振り返る意識に変更する頃)のために来ていた。

「ヨガは、忙しかったり、
心配事があったりするとできないんだよ。
自分がしっかりしていないとできないものだからね。
だから、こういう機会には顔を出しているの。」

と凛とした顔でそう伝えてくれるお姉さんたち
。。。惚れます。

そこにいる人たちは
インドに長い間修行に行っていたり、
海外を旅していたり、
すごく自由でキラキラしているように見えた。

そして、演奏を実際に聞くと
体の内側から響くような振動の強い音に驚いた。

なるほど、これは他のこと考えられないかも。
こうやって強制的に自分の中から心配事や
情報処理を追い出す時間を作れる人が
自由に生きてる人だなぁ〜とつくづく感じる。

その時間の取り方は人それぞれだろうけど、
「どうやったら自分がそういう時間をとれるのか」を
自分がちゃんと知っていることが大事だと思った。

そんなことを考えつつ、
リラックスしていると演奏が終わった。

片付けをしていよいよ会場を出るときに、
マガリさんに一冊のアルバムを渡した。
IMG_1312IMG_1311

これは、私の感じたことや気づきを写真と共にまとめたもの。

今回、マガリさんは、ブレインデトックスという考え方を
今後広めてくために自分の思考の整理をするためにも
私とのインターンでの会話は、たくさん学びがあると言って
このインターンを引き受けてくれた。

ブレインデトックスを、まとめようとしたら
まさにブレインデトックスが必要な子が目の前に現れた。
なんとも、すごい奇跡だった。

私は、マガリさんの話を聞いて、この2週間を通して
心に残っていること、自分が特に感銘をうけた部分を
ピックアップして時系列がわかるようにアルバムにまとめ
それを成果物としてマガリさんに渡した。

これは、一読者がブレインデトックスという体験をして
どのように感じるのか
どの部分に心動かされるのか
どの部分に学びがあるのかを考えるにあたって
執筆のお役に立てると思って用意したものだった。

そして、感謝の手紙を渡した。
IMG_1122

この手紙は、
「泣かせたい!」その一心で書いたものである。笑
読んでる間も「泣け〜〜〜〜!」しか思っていなかった笑

結果は、泣かせることはできず、
にやけ顔で終わった。笑 残念!
IMG_1121

泣かせることはできなかったもの、
伝えても伝えきれない感謝の思いは
きっときっと伝わったはず。

気がつけば、
鞄持するどころか、鞄持ってもらっていたり、
「天真爛漫だね。」と何度も言われるほど
マガリさん前では自由(と書いてわがままとも読む)
全開だったインターン生の私。
それだけ,心を許せるメンターができたことが
このインターンで一番の成果ですね!
最後は笑顔で別れよう!と
元気に手を降って電車に乗り込んだ。

こうして、12日間のインターンは幕を閉じた。

「本当に有難うございました。
 この12日間の気付きは一生忘れません!
 この日々は、私の人生の財産です。」

ときっとこのブログをチェックしているマガリさんに
一言メッセージしてこのブログを締めたい。

読んでくださった、たくさんの方々
応援してくださったたくさんの方々
本当に有難うございます。

12日間に思いを馳せて
心からの感謝を込めて。。。。

小守由希子

このエントリーをはてなブックマークに追加